2003年7月生まれの一平の子育て日記。ママ(sho)はウェブデザインの仕事をしてます。
家事・育児・仕事をしつつ、日々の生活を楽しんでいきたいです。
夏休みの自由研究
a0035236_10245464.jpg
小学2年生男子に自由研究のテーマを考えさせても、出てくるものはサッカー、爆丸、ボケモンに関することばかり・・・結局、G研さんのサイトを参考にして、「大豆からもやしを作る」に決定。

大豆を一晩水につけてから、小さいビンに移し、4カ所で観察。

1、お風呂場
2、冷蔵庫
3、日の当たる窓辺
4、ベランダの4カ所

しかし、観察を始めてからすでに一週間。
芽が出る気配はない。

それどころか、大豆は腐り始めているかも・・・(泣)

やっぱり、キッチンに長期間置いてあった乾燥大豆じゃダメだったか・・・

うーん。やりなおしだ。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-08-08 10:23 | 日々のこと
実家帰省第1弾>千葉へ
a0035236_10265242.jpg
もういちど誕生日会をしてもらいました。
a0035236_10273464.jpg
a0035236_10275561.jpg

a0035236_10281888.jpg

いとこのりょうちゃん。一緒に公園で遊べるようになった〜!!この夏、りょうちゃんには弟が生まれてさらに賑やかです。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-08-04 10:22 | おでかけ
SCOAのサマーキャンプ
a0035236_10233518.jpg
今年は、英語のスポーツキャンプに初参加しました。
SCOA(Sports Camp of America)は、アメリカからスポーツを専攻している学生を日本に招き、小・中学生のサマーキャンプに参加しながらスポーツを教えて、日本のことも知ってもらおうという趣旨の日米交流キャンプです。

とはいえ、日本語を話せる大人も数名は参加しますし、子どもたちは帰国子女を含めてほとんどが日本語が母国語ですから、子ども同士の会話は完全日本語だったと思います。

今回のキャンプの目的は・・・

(1)ひとりで参加して、初めての場で新しい友達を作ること。
(2)タレントショウと呼ばれる、自分の得意なことを披露する場で、やり遂げること。
  (出し物はあやとり[string figure]にした。)
(3)自分のものを自分で管理し、なくしものをせずに帰ってくること。
(4)アメリカから来たチームリーダーは英語しか話せないので、指示をちゃんと聞き取って行動すること。

行きのバスでは、座ったとたんに隣の子とあやとりして遊んでいたし、
お迎えの時には、お揃いのTシャツにみんなの名前が書かれており、
チームで勝ってもらったという賞状を誇らしげに見せてくれました。
腕には自分で作ったミサンガ。
首にはジャラジャラしたグリーンの首飾り。

キャンプファイヤーではスモア(some more!)と呼ばれるお菓子を食べたそうです。
マシュマロを焼いて、ビスケットで挟んだものらしいです。
夜には英語で絵本の読み聞かせをしてくれたのが楽しかったとか、
プールで泳いだときに、自分の水着をなくしちゃった子がいたとか、
疲れて部屋で休んでいたら、「一平がいない!」と騒ぎになり、みんなでそこら中探しまわってくれたとか・・・。ちゃんと一言、大人に伝えてから部屋に戻らないとダメじゃない!と言い聞かせました。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-08-01 23:27 | おでかけ
8歳 誕生日おめでとう
左手ギブスのままの誕生日
a0035236_10223973.jpg
。この次の日にやっとはずせました。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-07-26 23:21 | 日々のこと
答えられない質問
「なんで、目はふたつあるのに、世界が二つに見えないの?」

この質問に、母は答えられませんでした・・・

「右目で見た世界と、左目で見た世界を脳が調整してひとつに見えるようにしているんだよ」

とパパが説明。

質問内容が深くなってきたなー。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-07-24 17:46 | おしゃべり
将棋大会
近所で開催されていた小学生の将棋大会に参加してきました。
小学生は10人ほどの参加。
5人と対戦して、3勝2敗でした。

覚えてちょうど1年くらいですが、
最近は、母子で対戦しても私が負けることもあるのです・・・。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-07-18 17:46 | 遊び
悪夢ふたたび
またしても骨折。
今度は左手首です。
自転車で転倒しました・・・
前回、ねんざかと思って一週間放っておいてしまった経緯があったので
今回は、救急外来へ行って処置してもらいました。
その晩は痛みがひどかったらしく、全然眠れなくて泣くので私も疲労困憊。
指も紫色になって腫れてしまいました。

もう勘弁して頂戴。


ーーーーーーーーーーーーーーー

7月27日追記。
3週間と5日でギプスを外すことができました。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-07-02 17:38 | 病気
まくらばし茶や閉店
a0035236_1674832.jpga0035236_1673732.jpga0035236_1672580.jpg

去年、夏休みにお世話になったお店「まくらばし茶や」が閉店するというので、最後にお邪魔しました。
スカイツリーも、夏よりのびて高くなってa0035236_16101537.jpgます。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-05-22 16:07 | おでかけ
学校生活その後
前回、力の強い同級生に結構やられてる的な事を書いたけど、どうやらその後の様子を見ていると、立ち向かうべきときは結構対等にやり合っている事が判明。
いつでもどこでもやられっぱなし、我慢しっぱなしってわけではなさそう。
さらに、自分より力の弱い子に対しては、強気に出て意地悪な事をしている場面も目撃したので、その場で諭して謝らせた。

小学校低学年って、傍目から見てるとただのアホなのに、実際にその中に入ってみるとまさに「弱肉強食」な部分もあり・・・

学校については、まだまだ陰湿ないじめの段階ではないし、本人は「今日も楽しかったー」と言って帰宅することがほとんどなので、このまま様子見をすることに。

こうやって、社会性を身につけていくのだな。
がんばれ。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-05-21 11:31 | 友達
もやしっこ
1年生の頃から、クラスのある男の子が乱暴だという話は聞いていた。
どのクラスにもいる、負けん気の強く、体の大きい力の強い子で、いたずらも悪ふざけも大好きというタイプらしい。その子がいるから児童館や放課後広場には行きたくない、ということも言っていて、親としてはそんな弱気でどーする、と思いながらも、無理して行く事はないか、と自宅や友達の家で遊ぶ事が多かった。

2年生になって、意地悪をするのがその子を含め、複数の名前(男の子5人・女の子2人)があがるようになり、
「今日は体操着袋を投げられた」
「消しゴムを返してくれなかった」
「列に並んでいただけなのに5回も蹴られた」

・・・などという事が増えてきて、
「理由もなく蹴られたりするんだったら、蹴り返しちゃいなよ」
とけしかけてみたら、
「そんなことしたら首締められる」
「殴ったことを先生にいいつけたら、もっと殴ってやるって言われた」

そしてとうとう、
「いじめられるのが嫌だったら、他の学校に通ってもいいよね?」
「ぼくはクラスでいじめられるベスト3に入っているんだ」

と言い出した・・・

しかも、連絡帳ノートに「(字が)きたないー」とか「このやろう人の話をきけ」とか「よくがんばったねOK!」とか、子どもの字で書かれてる。
本人に聞くと、隣の席の女の子が赤ペンで書くそうで、その子は保育園の頃からずーっと一緒だった、つい先日もピアノの発表会にお花を持って見に来てくれた子。一緒にスキー旅行に行ったこともある。ご両親も堅実なしっかりした方で、よく親同士で話もする。とてもじゃないけど、一平の言うような意地悪をする子とは思えないのだけど・・・

先生に相談してみたところ、たぶんその女の子は一平のことを好きだし構ってほしいから、ついついそういうことをしてしまうのではないか?と。
よくある低学年の男の子が好きな女の子にちょっかいを出す、というのの逆バージョンだとおっしゃった。

女の子の方はそうかもしれないけれど、暴力をふるう男の子の方はほっとけないので、そちらについても相談。
すると、名前を挙げた時点で

「ああ、その生徒たちの名前を聞いただけで、どんな状況かだいたい想像がつきますよ。どの子も負けん気が強くて、体育でゲームなんかしたりすると、『お前のせいで負けた』みたいな理由でカッとなって大声を出したり、手がでたりすることがよくある。やられた方は、勢いに圧倒されて、何も言えなくなってしまう。もちろん殴ったりするのは悪い事なので見つけたら注意しますが、問題なのは、まだお互いにそれぞれの気持ちを汲み取ったり、自分の考えを言葉に出したりするのが難しく、弱い子たちも『嫌なら嫌』と言えるようになるのが、このクラス全体の課題なんです」

と言われた。
「一平くんは打たれ弱いところがある」
とも。

そうかあ・・・どちらかと言えば積極的なタイプと思っていたけれど、
初めて会った子とすぐ友達になったりするのが得意なだけで、
ケンカは苦手な子だもんなあ。近所の子と兄妹のようにしょっちゅう遊んではいるけれど、所詮一人っ子だしなあ。なかなか本気のケンカはしてないかも。

とりあえず、大きな声を出せるところからはじめよう、と思い立ち、
ためしに
「●●くん!痛い!やめろ!いいかげんにしろ!」
って大声で言ってごらん?と試してみたら・・・

これがまたみごとに、へなちょこな声しか出ないんですわ。
・・・これじゃ、やられるわ・・・
低学年のうちは、力の強い子、足の速い子、声が大きく堂々としている子の方がリーダーシップをとるものだもんね。
優しくて、コミュニケーション能力があって、頭の回転が速いところは長所だけれども、
これからは、もう少し男としての自信というか、野生の力、のような方を鍛えていかないといけないかも。
[PR]
# by pixeldesign | 2011-05-11 17:50 | 育児



パパ・ママ・一平・ちまき(ネコ)の3人と一匹家族
by pixeldesign
Pixel Design Website

カテゴリ
日々のこと
育児
英語で育児
料理
ネコ
音楽
Webデザイン
遊び
暮らし
おしゃべり
病気
お絵描き
友達
保育園
小学校
絵本/DVD
サッカー
おでかけ
仕事のメモ
ひとりごと
ブリスベン
以前の記事
2013年 01月
2012年 11月
2011年 12月
more...
フォロー中のブログ
うちの食卓 Non so...
みーちゃんずの仲良しこよし
Hachiの香港家計簿
ばーさんがじーさんに作る食卓
母ちゃんちのご飯
こなみのおいしいキッチン
twins note*
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧